知っておきたい!育児うつについて【精神的に強い影響を及ぼす】

サイトメニュー

育児中のストレスが原因

カウンセリングを受ける男性

治療方法や費用について

出産前後はホルモンバランスの乱れもあってうつ状態に陥るケースも珍しくありません。周りに相談できる相手がいればまた別ですが、信頼して相談できる相手がいなかったり誰からのサポートも受けられない場合は精神的にネガティブになってしまい、自分で自分を追いつめてしまうこともあります。特に育児中に関しては注意が必要です。育児うつの場合はとくに早期の治療が必要です。うつの矛先が我が子に向いてしまう可能性もないとは言い切れませんから、自分の中で異変を感じたらすぐに専門機関に相談しましょう。育児うつの場合は心療内科や精神科で治療を行うのが一般的です。治療費に関しては初診は大体5千円前後です。保険が適応になりますので高額な治療費を請求されることはないので安心して通院してください。処方される薬は抗うつ剤や副作用を抑えるようなものが一般的ですが大体1か月に5千円から1万円前後です。日常生活に支障が生じるほどの重度の場合は自立支援医療制度が適応されますから、更に費用を抑えることも可能です。育児うつに陥った場合、カウンセリングと薬物療法で正常な状態に戻していくのが一般的です。早期に治療を開始した場合は比較的早い段階で症状が緩和してくるケースもありますが、精神的な病気の場合は長期のスパンで治療を行うことを考えたほうが良いかもしれません。自分の中では完治したと感じていてもふとしたときに再発するケースもないとは言えません。医師の診断の元、適切な治療を行うことが完治への第一歩なのです。病院の選び方としてはまず通院することを考えて、通院しやすい距離にあるクリニックを選びましょう。クリニックによってはカウンセリングの時間が異なります。カウンセリングを重視する場合は30分から1時間程度設けられることもありますが、薬物療法メインで行う場合は10分程度のカウンセリングで終わることもあります。自分にとって向いている方向性を選択しましょう。育児うつは周りのサポートが得られるかどうかも重要になってきます。自分ひとりで抱え込むのではなくて周りに相談してみる勇気も大切です。

Copyright© 2018 知っておきたい!育児うつについて【精神的に強い影響を及ぼす】 All Rights Reserved.