知っておきたい!育児うつについて【精神的に強い影響を及ぼす】

サイトメニュー

育児によるストレス

困る女性

早めの受診が大切

女性は出産後ホルモンバランスがくずれ、出産による疲れと育児によるストレスでうつ病を発症するケースがあります。育児ノイローゼや育児うつと呼ばれており、ひとりで育児をしているといった環境によるものや真面目すぎる性格によるものなど、さまざまな要因があります。育児うつはうつの症状や兆候を感じたらすぐに病院に行き、専門医に診てもらうことが重要です。放っておくと児童虐待につながるリスクもあり、近年ではそういった事件も増えています。自治体によっては産後の女性を検診する産婦人科とメンタルケアを行う医療機関が連携する取り組みが行われており、メンタルが不調な場合はすぐに精神科や心療内科に紹介してもらえます。育児うつの治療内容はカウンセリングが中心となりますが、クリニックによっては授乳中に服用しても問題のないサプリメントや薬を処方してもらえるので安心です。子育ての悩みやストレスを聞いてもらえるだけで心が軽くなり、育児うつの症状が改善する場合もあるので、気軽に受診してみると良いでしょう。育児うつの症状があるかも、と疑っても心療内科や精神科を受診するのは敷居が高いと感じる方も多いでしょう。不眠やイライラ、マイナス思考など、メンタルに不安がある場合はまず、保健師や支援センターに相談してみると良いでしょう。保健師が育児の悩みや話を聞いたうえで育児うつの症状に適した医療機関を紹介してくれます。心療内科や精神科は完全予約制になっているクリニックが多いですが、予約なしで受診できるクリニックもなかにはあります。しかし、混み合っているときは長時間の待ち時間も考えられるので、初めて育児うつで心療内科を受診するときは予約しておくのが良いでしょう。産婦人科から紹介状をもらっておけばスムーズに治療を受けられる可能性があります。心療内科の予約の取り方ですが、電話以外にもメールやWebから簡単に予約できるクリニックもあります。診察の予約を取った以上は無断キャンセルや遅刻といったマナー違反はクリニックや他の患者さんの迷惑になるので、時間厳守は最低限のルールとなります。

Copyright© 2018 知っておきたい!育児うつについて【精神的に強い影響を及ぼす】 All Rights Reserved.