知っておきたい!育児うつについて【精神的に強い影響を及ぼす】

サイトメニュー

育児のストレスや肉体疲労

ハート

育児を手伝ってもらえない

妊娠や出産はおめでたいことですが、出産を経験すると体が十分に回復をしていない場合でも、授乳やおむつ替えなどの育児をしなければなりません。生まれたばかりのお子様は、目があまり見えていなかったり、耳が良く聞こえていないため、あやしても反応が少ないです。夜泣きなどで悩んでいる人も少なくありません。現代は以前に比べると核家族化が進んでいるため、母親や義母に育児を手伝ってもらえない人が増加しています。産後はホルモンバランスも崩れやすく、精神的に不安定になりがちなので、うつ病を発症することもあります。産後うつは体が回復してくると、数か月で改善することが多いですが、育児うつは育児のストレスが原因なので、1年を過ぎても辛い症状が改善しにくい場合もあります。育児うつを放置しておくと、精神的なストレスが原因で、お子様に手をあげてしまったり、激しく叱責をしてしまうこともあります。お子様の虐待に繋がることもあるため、早めに精神神経科の病院やクリニック、心療内科を受診することが大事です。育児うつは育児のストレスや疲労、睡眠不足などが原因で起こりますが、放置をすると症状が悪化してしまうため、早めに精神神経科の病院やクリニック、心療内科を受診して、診察やカウンセリングを受けることが大事です。配偶者が育児に協力をしてくれなかったり、母親や義母に頼れない場合は、ベビーシッターに援助をしてもらったり、託児所などに預けることも大事です。精神的にイライラしたり、怒りっぽくなったり、だめな親だと自分を責めている時などは、お子様と少し距離を置くことで、休息や睡眠を取ることができます。精神神経科の病院や心療内科などでは、カウンセリングなどの精神療法を行い、必要な場合は内服薬を処方してくれます。授乳をしている人は、内服薬を服用するとしばらくは母乳を与えることが出来ませんが、お子様のためには病気を早く治すことが大事です。心理カウンセラーに話を聞いてもらうことで、気持ちが楽になることもあります。育児うつの症状で悩んでいるけれど、身近に頼れる人がいない場合は、カウンセラーに相談することも大事です。

Copyright© 2018 知っておきたい!育児うつについて【精神的に強い影響を及ぼす】 All Rights Reserved.